今季の書は「朧月夜」〜社会風刺が隠されてる!?

きものを通じて
気軽に愉しめる和のふれあいを提案する
きもの遊びコーディネーターであり
和の文様をデイリーライフに取り入れる愉しみをお伝えしている
和文様マスター・澤井律子です

The word on the hanging scroll, kakejiku, is Oborozukiyo, hazy moon. It means that the invisible moon can be seen.

That’s why this kakejiku has a desire to overcome the invisible COVID-19!

書家活動をされている中村 かおりさんが
今季の掛け軸にお届けくださったのは

朧月夜

という言葉の書☆

朧月夜は
春の季語でもあり
源氏物語に登場する朧月夜という女性が
好きなので、選んでみました♪

とのこと(^^)

朧(おぼろ)

という言葉に

何かとどんよりしがちな世の流れを汲み取って
目に映らなかったものが
見える状態になっていくことへの期待を重ねて

朧

という言葉を
選んでくださったのですね(≧∀≦)

おかげさまで
和の学び舎は
パァッと明るくなっています(*≧∀≦*)

ありがたい、ありがたい!

今月下旬からは
こちらの掛け軸を
お子さまにも気軽に眺めてもらえるような
そんなプロジェクトを実施しようと
体勢を整えつつあります(^^)

この状況、共に乗り越えていきましょう!

関連記事

  1. 今年のお正月もおりづるタワーさまでスタッフさんの着物着付けで…

  2. Youtubeで、きもの談義対談を配信します♪記念すべきキッ…

  3. 11月度のOSAKE~Shall we drink R…

  4. リレーエッセイ広島に想う~にコラムを書かせていただきました!…

  5. 和を遊び学ぶひろしま旅のPVをYoutubeにアップしていま…

  6. 広島パルコの無印良品店さまで水引アクセサリ作りを担当させてい…