広島県立美術館の「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」行ってきましたよ!

きものを通じて
気軽に愉しめる
和のふれあいを提案する
きもの遊びコーディネーターであり

和の文様を
デイリーライフに取り入れる愉しみをお伝えしている

和文様マスター・澤井律子です

広島県立美術館の「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」にて。

幕末から明治にかけて激変する時代の変化にあわせて
作風には変化があり
取り組んだテーマも富みにあり
見応えありました(^^)

戦もの…、切りつけもの…、は苦手な分野で
ささ〜っと素通りですが

美人画さんコーナーは一枚一枚じっくり観賞♪

今回は写真撮影も許可されてましたので
記録に残している方も多かったです。

女性の○○したいシリーズは

「酔いをさましたい」
「おしゃくがしたい」
とかw

スキャンダル記事を見ながら
「とりけしたい」とか

チェック柄のシャツを着込んだ女性が描かれているのは
「洋行がしたい」。
明治11年(1878年)の最先端オシャレ!

和装と洋装をミックスするのはオシャレなんですよ♪

吉原遊郭の八月の年中行事には「俄」というのが
あったんですね。

私の「俄」は4月と11月の「にわかふぇ」ですけどね(^^)

着物生地の紗綾形文様の描かれ方も緻密で
ずっと見てても飽きない。

寄せ絵の
「人さまのおかげで、ようやく人らしい顔になりました」

何か人生とはの教えをもらった気持ちになりました。
その通りです…ね

展示は5月26日までです(^^)

関連記事

  1. SOCIO COLLAGEで「和室の愉しみ方」コラムを執筆(…

  2. 縮景園にわかふぇ~桜の章2022終わりました(≧▽≦)

  3. ひろしまきもの遊びを社団法人化して5歳になりました(^^)

  4. 着物アップサイクル商品~日傘

  5. 和の学び舎をオープンして3年目に突入しました!

  6. 一旬を五感で食す〜葉月の会〜では早穫りの銀杏も!