お盆の迎え火と送り火そして茄子と胡瓜

きものを通じて
気軽に愉しめる和のふれあいを提案する
きもの遊びコーディネーターであり
和の文様をデイリーライフに取り入れる愉しみをお伝えしている
和文様マスター・澤井律子です

8月16日はお盆の送り日ですね。

お盆の期間
一緒に過ごしたご先祖様の霊を送り出す行事で

ご先祖様をお迎えする8月13日は
迎え火を焚いて
迷子にならないように、とお迎えします。

地域によっては1日ずれるところもあれば
灯篭流しや精霊流しで故人の霊を送り出す風習のところも。

京都の「大文字焼き」も有名な送り火のひとつですよね。

実際に火を焚いてお迎えしたりお見送りしたり。。。が
難しい時代にもなってきています。
気持ちだけでも、故人に寄り添いたいですね。

迎え火、送り火について

https://jpnculture.net/mukaebi-okuribi/

https://en-park.net/books/8113

そういえば

ご先祖様が道中を移動するのに、と準備する乗り物が

茄子と胡瓜で作る馬と牛ですね(^^)

胡瓜は足の速い馬として見立てられ
あの世から早く家に戻って来れるように

茄子は歩くのが遅い牛として見立てられ
少しでもこの世から帰るのを遅らせる

そんな意味が込められていて
ひとつひとつに心を感じる日本文化です。

関連記事

  1. インターゲートホテル広島さまの内覧会で水引ワークショップを実…

  2. 大学の卒業式は中止でも卒業生には袴スタイルで記念日のお祝いを…

  3. 大人のためのアンティークきもの展企画向けのアンティーク着物や…

  4. 一旬を五感で食す〜文月の会〜レポート/次回は8月18日開催!…

  5. 還暦には赤い振袖でお祝いしちゃいましょ(*^_^*)

  6. 車いす着付けの技術をお伝えさせていただいています!