着物に描かれる柄がテレビ番組のクイズに出題されてた!皆さんは分かりますか!?

きものを通じて
気軽に愉しめる和のふれあいを提案する
きもの遊びコーディネーターであり
和の文様をデイリーライフに取り入れる愉しみをお伝えしている
和文様マスター・澤井律子です

こども辞典に載る“着物に使われる柄”
ということで
とあるテレビ番組でクイズが出されていました。

着物と縁が深くない方でも

3番は見たことがありますよね(^_-)-☆

5番も良く目にするんじゃないでしょうか。

次に良く見るのは
1番や6番あたりかな。

このような柄は着物以外にも使われていて
それぞれに意味や願いが託されています。

日常生活においても
コミュニケーションを深めるツールとして
大活躍してくれますので

今からそれぞれ解説していきますね!

(1) 麻の葉(あさのは)

連続的な幾何学文様で、この形が、麻の葉に似ていることから
こう呼ばれるようになりました。

麻は植物の中でも成長が早いことから
子どもが健やかにすくすくと育ちますように♪
と子育てへの願いが託されています。

産着や子どものきものによく描かれているのは
このことからです。

そして
麻は神聖なものとして神事で使われため
厄除けや魔除けとしても扱われます。

出産のお祝いなどに
麻の葉文様のアイテムをお渡ししてあげると
喜ばれますよ(^^)

(2) 籠目(かごめ)

上下が反対になった三角形を重ねて
連続している文様で

竹籠の編み目にも似ているので
籠目という名前がつきました。

写真
https://www.chiba-muse.or.jp/OTONE/dougu/hataraku-04.html

また
網目の形が六芒星に見えるところから
魔除け、邪気を払う力があると言われています。

エネルギーが集まるとも言われますね。

悪霊はじぃ~っと凝視されるのが嫌いとされることから
目がたくさんついているように見える籠が
魔除けになっていると思われ
昔は玄関先に竹籠が掛けられていました。

さすがに
現在の玄関に竹籠を掛けることは躊躇しちゃいますので
籠目デザインのものを設えたくなりますね☆

(3) 唐草(からくさ)

これは!
泥棒柄でしょ~ってよく言われますけど
本当の名前(笑)は「唐草」です(^^)

つる草が四方八方にどこまでも伸びていく様子が
生命力の強さを象徴している、と
子孫繁栄や長寿を意味しています。

泥棒…ってなんだかマイナスなイメージですが
唐草文様って実は縁起が良いんですよ~♪

商売繁盛でもあります。

え!?

泥棒柄なのに!?(笑)

明治のはじめに誕生した唐草模様の風呂敷が
それまでのシンプルなデザインに比べて
斬新でオシャレ、ということで大ヒットしました。

どの家にも一枚は必ずあるほど!

詳しいことは
チコちゃんに聞いてみよう~
>> https://xn--h9jua5ezakf0c3qner030b.com/590.html

(4) 亀甲(きっこう)

見たままです(^^)

亀の甲を連続で模し
永遠の繁栄を象徴しています。

また
亀の甲羅のように
固く身を守ることで長寿や健康にも通じるとされています。

昔は
亀の甲を焼いて、ひびの入り方で占いをしていたとか。
それが神の意、と考えられていたようです。

もともとは
貴族の衣装に描かれる格式の高いものでした。

袋帯に亀甲が描かれること
多いですよね(#^.^#)

(5)は青海波(せいがいは)

大海原で無限に続く穏やかな波模様で

平安な暮らし

という願いが込められています。

(6)は矢羽根(やばね)

この柄は
卒業式の袴スタイルを思い浮かべる方も多いでしょうね。

武道を尊ぶ意味はもちろん

破魔矢を図案化した物でもあり
魔除けや
福を射止める力があると、喜ばれています。

射た矢がまっすぐ飛んで戻ってこないことから
門出にふさわしい!と
卒業式に出番がやってきたわけですね。

結婚しても出戻ってこない…とも言われてます(^_-)-☆

ざっくり書きましたが
和文様は
着物に描かれる場合
それぞれ単体で、というより
動植物と組み合わせるのが一般的です。

なので
さらに意味や託された願いが深くなったり
パワーアップしたり!と

面白い世界なんです(^^)/

関連記事

  1. 江田島でYukata Tsukimi party♪ 

  2. FMはつかいち76.1MHz『葡萄亭わいんのラジオ寄席』でお…

  3. 日本酒燦々で水引アクセサリや前掛けミニポーチの替え紐を販売い…

  4. 縮景園にわかふぇ~梅まつり~終わりました~m(__)m 御礼…

  5. 歌舞伎や落語に影響を与えた「お能」の世界にふれあう勉強会開催…

  6. 大学の卒業式は中止でも卒業生には袴スタイルで記念日のお祝いを…