海外の団体様をお抹茶でおもてなし

きものを通じて
気軽に愉しめる
和のふれあいを提案する
きもの遊びコーディネーターであり

和の文様を
デイリーライフに取り入れる愉しみをお伝えしている

和文様マスター・澤井律子です

本日は

海外の方をお抹茶でおもてなし(^^)
ということで
80名近い多国籍の皆さまを

縮景園の清風館で
お出迎えさせていただきました☆

訪日の皆様をガイド通訳されていた方々は

縮景園の歴史やお茶の歴史、そして、
着物のことについても
訪日の皆さんに紹介されていて

英語の表現だけではなく
説明くださっている内容から

どのようなインフォメーションが
海外の方に求められているのかが分かり
とても勉強になりました。

着物の紹介については

コットン=夏の着物

という方程式になっていることは
以前にも感じた「むむむ…」なことでしたが

この度もやはり同じような紹介になり
そうとは限らない、と訂正をいれさせていただく流れもありました。

着物=シルク
コットン=浴衣=夏に着るもの

この認識は
和カルknowプロジェクトを受けられる
1〜2割の海外の方がお持ちです。

一般的な説明としては分かりやすいのでしょうか。

数年前までは
ポリエステルの着物があることを海外の方に伝えると
ずいぶん驚かれていましたけど…

お手入れのことなどを考えると
なかなか大変ですが

正絹の着物を着たい♪

という訪日外国人の方のリクエストに
できるだけお応えしていけるよう
必要なものは取り揃えておきたいと思った一日でした。

関連記事

  1. 野澤松也師匠による西日本豪雨災害の被災地励ましチャリティーラ…

  2. 仕事納めは、スタッフ揃って「料理屋やまぐち」でお疲れさま時間…

  3. Youtubeひろしまきもの遊びチャンネル|令和モダンきもの…

  4. 歌舞伎や落語に影響を与えた「お能」の世界にふれあう勉強会開催…

  5. 一旬を五感で食す〜皐月の会〜レポート

  6. 【企画】2018年お正月きものギャラリー