衿元に目立つ汚れがある着物は衿を掛けかえればよいの♡

きものを通じて
気軽に愉しめる和のふれあいを提案する
きもの遊びコーディネーターであり
和の文様をデイリーライフに取り入れる愉しみをお伝えしている
和文様マスター・澤井律子です

和の学び舎に
やって来てくれるきものたち
衿元に目立つ汚れがついてるものは
そのまま着るには
少々抵抗があるので

こんな風に
衿を掛け替えてあげるのも良し(*≧∀≦*)

きものが日常着だったころ
この衿の掛け替えは常でしたのよ♪

SDGsとかサステナブルとかエシカルとか
そんな言葉が生まれる前から
きものはそういうもの。

今では
その部分が
衿に縫い込まれているものが一般的なので
上からつけている衿だけを取り替える
というのがイメージしにくいですが。
最近いただいたきものの中に
衿が上から掛けてある仕立てになっているのが
ありましたので
気になる方は和の学び舎に遊びに寄ってください♪

帯は
ももちゃんのさをり織りの半幅タイプ♪

今月いっぱい
和の学び舎の階段下で
お出迎えしております(≧∀≦)

※今回は両面テープで留めてます(๑˃̵ᴗ˂̵)!

関連記事

  1. 日替わり水引ワークショップ:ひまわり!いっぱい咲いた♪

  2. 広島江戸祭りへの出店で愉しみました♪

  3. 一旬を五感で食す〜水無月の会〜レポート♪

  4. 大学の卒業式は中止でも卒業生には袴スタイルで記念日のお祝いを…

  5. 9月9日・10日で秋冬を愉しむモダン木綿&カジュアル正絹きも…

  6. 今年は「ママ振り」の新成人さんが多かったですね♪