今年も「えんこうさん」で着物時代絵巻ショーを演出させていただきました♪

きものが活躍する場を提案する
きもの遊びコーディネーターの澤井律子です。

今年も
演出担当させていただきました(*^-^*)

毎年恒例となりつつある
えんこうさんでの
着物時代絵巻ショー♪

今年は
NHK鎌倉殿の13人にちなんで
(MCで、ずっと、「かまくらでん」って言ってたよ、私:笑)

鎌倉時代の
小袖+表着スタイルからスタート。

はからずも
モデルちゃんが
雰囲気ぴったりの髪型で
いっきに時代が遡りました(≧▽≦)

着物にしごきスタイル

このしごきが
後の、「おはしより」スタイルに繋がり

江戸時代によく見る黒衿スタイル

贅沢を禁止されたとき
華やかな着物に黒衿をつけることで
普段使いに見せかけていたからだったとか

かふぇの女給さん
のエプロンは
あくまでも給仕であることを示すために着ていたり
日本髪と洋髪との中間スタイルが流行ったり

女学生のひさしがみは
その高さや大きさで
華やかさを競いあっていたり

西洋文化が着物の柄に影響を与えた
大正ロマンと振り返られる頃の着物は
お袖の長さが長いほどお嬢様度が高かったとか、、

そんなこんなの時代を経て

昭和レトロを感じる振袖スタイルでは
帯揚げ、帯締めを同じ色で統一

普段着に楽しむ着物として
戦後に定着した
お太鼓結びの着物スタイル

そして
より身近に
ファッションとして楽しむようになった現代のスタイルとして

デニム着物+帯にベルト
な装いをお披露目。

最後は
かなり攻めて(笑)

箪笥の肥やしの代表格でもある
喪服
をアレンジして
ミニスカートスタイルに♡

ハサミをいれているわけではないので
脱ぐと、着物の状態に戻りますよ(≧▽≦)

今で言う着物は
小袖というインナーで着ていたものが原形で

鎌倉時代から江戸時代にかけて
インナーだった小袖がアウターに昇格し

小袖の形状が今の着物の形に落ち着いたのは江戸時代。

時代ごとに変化しているのは
着物の形状ではなく、着こなし方

令和の時代
着物の着こなし方は実に多様性にあふれています。

100年後、今の時代を振り返ったとき
「令和モダン」
と呼ばれているかもしれません(笑)

=====
ファッションと時代背景は結びついている。
ショーを通して当時の暮らしを紐解く
先人や歴史から学び、今を更に彩る
=====

そんな風に
イベントMCさんに言っていただき
光栄(^.^)

自分なりに心地よい着こなし方で
着物時間を楽しんでいきましょう~ね(^.^)

今年も
着付け、ヘアアレンジは
美和きもの教室の皆さんに
お手伝いいただきました!

えんこうさん。
来年もお手伝いさせていただけますように☆

関連記事

  1. Youtube配信を再開…6年ぶり!まずは還暦は赤い振袖でお…

  2. 2019年の納涼会は浴衣ショーやクイズで盛り上がりました♪

  3. 10月度の宮島での水引ワークショップ終わりました♪

  4. 和の学び舎に遊びに来たらYoutube撮影にスカウトされた着…

  5. 「浴衣の着かた歌」で自分で浴衣を着られるようになろう!今年も…

  6. きものでアメリカL.A出張一日目の様子