wa-cul-knowへの想い – concept-

wa-cul-knowへの想い – concept-

「和の心」を感じていただけるwa-cul-know -feel the Japanese psyche -

Do you know wa-cul-know?

Do you know wa-cul-know?
「和カルknow」とは、広島を訪れる海外の観光客の方向けの和文化体験プロジェクト。
“Wa-cul-know” is a project offering overseas visitors to Hiroshima a chance to sample traditional Japanese culture.


「和」の「文化(=Culture)」を「知る(=know)」取り組みであることと、「分かるなぁ、分かるね」を意味する広島弁「分かるのう」を掛けてプロジェクト名としました。
The name “wa-cul-know” was created as a combination of “Wa (meaning Japanese),” “Cul (from culture)” and “Know.” Together, they sound like the phrase "Now I know" in Hiroshima dialect.


日本文化を体験できるツアーやアクティビティは日本各地にたくさんありますが、「和カルknow」の特長は、きものを着て、和の文化に親しむことができる点です。
A variety of tours and activities across Japan offer an experience of Japanese culture. "Wa-cul-know" lets you try various aspects of the culture while wearing traditional Japanese kimono.


日本人の私たちだって、洋服や椅子の生活が当たり前になり、きものを着て畳の上に正座をする機会はどんどん少なくなっています。
Even Japanese wear western clothes and use chairs, and have fewer and fewer chances to wear kimono and sit seiza style on a tatami mattress.


その一方で、「きものを着たい!そして、楽しみたい」という気持ちは、海外の方だけでなく、日本人のわたしたちの中にもあります。
But many Japanese people, like many tourists, find themselves thinking "I want to wear a kimono! And I want to have fun!"


きものを着たら、そのいでたちで街を歩いてみたい。お抹茶をいただいてみたい。書に挑戦したい、というアクションを起こしたくなりませんか?
Wearing a kimono makes you feel like strolling the town, tasting good green tea or trying your hand at Japanese calligraphy.


日本に脈々と受け継がれてきた和の文化をきもので体験することは、洋服で生活し活動する日常から離れ、「和の心」を感じるスイッチを入れること。
Experiencing Japanese culture, handed down across generations, while wearing kimono can give you a glimpse of the "Japanese psyche" and carry you out of your usual daily life in western clothes.


わたし自身もきものを通じて和の文化への興味が募り、「もっと知りたい。経験したい」という思いに駆られました。
Wearing kimono made me more interested in Japanese culture. I thought, "I want to know more, and experience more."


きものをよそ行きや特別な装いとしてだけでなく、普段着のように親しみ、きもので集い楽しめる機会や場をつくりたい!という気持ちが「ひろしまきもの遊び」の活動の原点です。
And my passion for wearing kimono not only on special or formal occasions but in my daily life, as well as my desire to give other people the chance to have fun together while wearing kimono, is the origin of "Hiroshima Kimono Asobi (Hiroshima Kimono Recreation)."


広島を訪れた海外の方に、テレビやインターネット、本や雑誌で「知った」日本の文化を、「知っている」だけでなく「実際に経験し、体と心で日本を感じてほしい!」という思いから発足したのが「和カルknow」プロジェクトです。
Our “wa-cul-know” project was born out of my wish to give overseas visitors to Hiroshima an experiential, physical encounter with Japanese culture, instead of only seeing Japan through books, TV or the internet.


「和カルknow」で体験できる5つの和の文化体験プログラムに共通するのは、「和の心」を感じていただけること。
“Wa-cul-know” provides five Japanese culture experience programs, each of which can allow you to feel the “Japanese psyche.”


人をもてなす心、自分と向き合う心、共に楽しむ心を感じていただけるプログラムを用意しました。
We arranged these programs so that you can feel hospitality, a meeting with yourself, and the experience of enjoying time with others.


お茶、香り、筆、扇、そしてきものを介して、人の心と心がふれあい、響き合う“体験”を、広島を訪れたおみやげとして母国へ持ち帰っていただけたなら、これほどうれしいことはありません。
Our hope is that you will bring home your experience of heart-to-heart bonding and meeting one another through Japanese green tea, incense, brush, fan and kimono, as a lasting souvenir of your visit to Hiroshima.


そして、その心は広島と世界を結び「平和」を私たちの手で守り、つくりだしていくきっかけになるものと信じています。
And we believe that your experiences here, and the mindset they foster, can connect Hiroshima to the world and help us all to build peace with our own hands.


海外の方はもちろん、広島を訪れた国内の方々も、「和の心」を感じるスイッチを入れに、ぜひ、お立ちよりください。
We hope many people, both from Japan and abroad, will visit us to "switch on" the feeling of a Japanese frame of mind.


和装スタッフが皆さまのお越しをお待ちしています。
Our staff, in kimono of course, look forward to your visit.


和カルknow~プロジェクト代表
澤井律子(ひろしまきもの遊び主宰)
Ritsuko Sawai
Representative
wa-cul-know project
(Representative of Hiroshima Kimono Asobi)

PAGE TOP