旬食の会~令和2年水無月~イサキ・鮎・鱚・シラス・絹かわ茄子・冬瓜・ヤングコーン・スイカ!当然だけどどれも旬

きものを通じて
気軽に愉しめる和のふれあいを提案する
きもの遊びコーディネーターであり
和の文様をデイリーライフに取り入れる愉しみをお伝えしている
和文様マスター・澤井律子です

今月のお魚は
イサキ、鮎、カレイ、太刀魚、鱚、シラス
お野菜は
絹かわ茄子、冬瓜、サパジード、ヤングコーン
果物は
スイカ
旬を味わい尽くしました(≧∀≦)

暑くなってきましたので

今夜のスタートのお出汁は
冷製でしたっ(≧▽≦)

こういうのが
おもてなしの神髄ですね!

感動ではじまる会席

先付けは
鱧の子(ド旬)

イサキの白子(旬のハシリ)

腕物
鮎を一夜干しにして焼いた一切れを
冬瓜にのせて

鮎の一夜干し焼きとは
一年ぶりの再会っ(≧▽≦)
(笑)
懐かしい美味しさ♪
そして
今年はもう冬瓜が出始めたのですね~

カレイの生チリ

あっさりポン酢で

梅雨イサキ
寝かしてあるので
甘味が増してました(^-^)
器はオニューw
涼を運んでくれますね♪

お酒もすすむ、すすむ

今夜は
華鳩のきもとを冷酒でいただきました☆

皮つきヤングコーンは
焼きで。
甘くてジューシー!(^^)!
栄養もたっぷり吸収しました。

太刀魚
サパジード(丸いズッキーニ)
倉橋さんのトマト

揚げ物は
揚げたてを
目の前で
ひとりひとりの器に盛りつけてくださるスタイル

▲やっちまった…食べかけw

贅沢(^-^)

ハモはたたき梅・ハーブ塩で
カレイの骨煎餅はボリボリ
夏のキス(青春だ~w)はこ煎餅揚げ

あつあつ、ほくほく

6月になれば
絹かわ那須です!
絹のように薄くて柔らかい皮なので
そのままで

〆めは
イサキの出汁で炊いた
シラスご飯

デザートは
熊本産スイカで旬の先取り

2019年1月から始まった
月にイチ度の
一旬を五感で食す会

途中お休みもありましたが
今月で15回目を迎えていました。

これまで開催できて
本当に美味しすぎる幸せ時間でした。

これからも続けていきたかったのですが
残念ながら
今夜でひと幕おろすこととなりました。

『酒と肴 堀川町やまぐち』

6月で閉店となります。

そして
ものすごくご近所にお引越しされます(≧▽≦)

8月から
「料理屋 やまぐち」として
新境地でさらにパワーアップして
再開です!!!

ますます!!
ますます、ますます!!

旬の味わいに期待が膨らみます(*^^*)

今まで以上に厳選された時間・空間・会話となります。
アンテナが一緒の方のみ、愉しんでまいりましょう(#^.^#)

関連記事

  1. 「鯉手ぬぐい」を持ってカープ観戦(#^.^#)勝ったよ!

  2. 中国地域女性ビジネスコンテストSOERUの発表会へ

  3. 『花れて輪になれ えがおひろしま』で「ひろしまきもの文化祭」…

  4. 日替わり水引ワークショップ:ひまわり!いっぱい咲いた♪

  5. イベントやります!7月29日/夏の風物詩「浴衣」、と  日本…

  6. SOCIO COLLAGEで「和室の愉しみ方」コラムを執筆(…